2005年08月22日

わらしべ長者



わらしべ長者(4分51秒)
よみ:三浦ひろみ
提供:すくすくネット
http://www.suksuk.net/
おなじみの日本の民話。三浦ひろみさんの朗読が、いっきに物語のなかに誘ってくれます。ころんだひょうしに、つかんだ「わらしべ」。
その一本の細いわらは、みかんに、みかんはたんものに、たんものは馬に、そして最後には長者に。
働き者なのに運のなかった若者が、優しい心で運をつかむ。
ストーリーもわかりやすいので、ぜひお子さまとご一緒にお聴きください。そして、話し合ってみましょう。
posted by 三浦ひろみの「おはなし玉手箱」 at 21:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやゆび姫



おやゆび姫(11分48秒)
よみ:三浦ひろみ
提供:すくすくネット
http://www.suksuk.net/
作者はアンデルセン童話で有名なハンス・クリスチャン・アンデルセン。ここでちょっとアンデルセンの紹介をしましょう。
1805年4月2日、デンマークのオーデンセで産声をあげる。家はあまり裕福ではなく、父親は靴職人、母親は女中奉公や洗濯女をしながらハンス少年を育てた。祖父は、ハンスが生まれたときには既に狂人だったらしい。翼の生えた獣や人などを木で作っていた。そんな家庭で育ったハンスは1819年、14歳の時に俳優になる夢を抱いて単身でコペンハーゲンへ。しかし俳優はだめ、声楽もだめ、戯曲もだめという苦悩の3年間を過ごす。最後はバレエ学校にも入学するが、見込みなしと判断される。しかしそこでめげずに詩や戯曲を創作し続け、いろいろな人に売り込むうちに徐々に理解され始める。
アンデルセンの主な著作として、『絵のない絵本』『あかいくつ』『みにくいあひるの子』『にんぎょひめ』などがある。1875年没。


posted by 三浦ひろみの「おはなし玉手箱」 at 18:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデルセン童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七つの星

posted by 三浦ひろみの「おはなし玉手箱」 at 17:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。